パソコン・女性・ソファ

通信制大学のデメリットを克服できる人とは?

通信制大学のメリット・デメリットについて

通信制大学に進学した人の意見を聞くと、

 

・通信制大学は学費が安くて良い

・自分の時間帯で勉強が出来る

 

というメリットの意見がある一方で、

 

・勉強が大変

・卒業が難しい

 

など色々なデメリットの意見も、調べていて見た人はいるのではないでしょうか?

 

同じ通信制大学でも、このように意見が分かれるのは何故でしょう。何事にもメリット・デメリットはありますが、通信制大学に入学する上では、デメリットについても知り、納得した上で入学を決めたいですよね。

 

そこで今回は、通信制大学のデメリットとメリットを比較した上で、どのような人が通信制大学にメリットを感じるのか。

通信制大学に進学をした・検討している人からの進路相談を100名以上受けてきた「進路アドバイザー ナガサキ」が、これまでの相談内容を踏まえてデメリットに挙げられやすいことを紹介していきます。

 

■目次

.「自分で勉強をすること」による苦労が通信制大学のデメリット

.高校新卒で通信制大学は要注意!就職活動は入念な準備が必要!

.「誰でも」「効率良く」「安く」学べるのが通信制大学のメリット

.目的意識がある社会人にはぴったりの学び方

 

1.「自分で勉強をすること」による苦労がデメリットの理由

通信制大学のデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

私の経験上、大きく分けて5つあると考えています。

 

1)やる気の維持が難しい

通信制大学は基本的に自学自習になるため、自分で勉強を管理していく必要があります。しかし、やる気を維持することは難しいものです。なぜならサボろうと思えば簡単にサボれてしまいますし、誘惑に打ち勝ちながら勉強をしていくやる気が必要だからです。今までの公教育のような「受動的な学習」になれてしまっている場合には、自分から学ぶ「能動的な学習」に切り替える必要があります。

人によっては、勉強スケジュールを事前にしっかりと決め、勉強をするときには図書館やカフェに行くなどをして、やる気を維持する工夫をしています。何よりも自己管理が大切になってくるので、自分なりの方法を作ることをおすすめします。

 

2)すぐに疑問点を解消できない

勉強を進めていく中で起こった、疑問や質問については、WEBや郵送などで大学に回答をしてもらうことが出来ます。ただし、その場でタイムリーに回答をもらうことは難しく、時間差が起きてしまうことがあります。そのことがやる気の維持の妨げになる場合もあるかもしれません。

疑問点については自分で極力調べるか、友人や知り合いなどで同じ大学に通った経験がある人がいれば、スムーズに疑問点を解消することができます。なかにはスクーリングがある大学もあるので、スクーリングの時に友人をつくり、集まって勉強会をしている場合もあります。

 

3)人との関わりは少なく、キャンパスライフがない

通信制大学には、いわゆる「キャンパスライフ」と呼ばれるような大学生活はありません。教員免許を取得する場合など、スクーリング期間にキャンパスに通うことはありますが、履修のために大学に通うので忙しく、キャンパスライフにはなりません。

裏を返すと、「勉強に集中して、目標の資格を取る」と割り切って進学を決めた人にとっては良い環境かもしれません。

 

4)卒業が難しい(卒業までに時間がかかる)

通信制大学の卒業率は低く、大学によっては卒業率20%前後という学校もあります。また通信制大学の場合は最短で4年、短大では3年または2年で卒業が出来ますが、最短で卒業できる人はそれほどいません。

このような現状の背景には、やる気の維持や勉強スケジュールの管理が難しいことが挙げられます。最初はやる気があったとしても、勉強を進めるうちに次第にやる気が下がってしまう人が多いということです。

そのためやる気を維持させるためには、自己管理だけではなく、スケジュール管理などシステマチックに勉強を管理することも重要です。大学によっては学習管理システムを提供してくれる場合もあるので、自己管理が不安な場合には、学習管理システムで大学を選びましょう。

 

5)通学過程より低く見られることがある

通信制大学を卒業すれば、通学過程と同様に「学士」の資格を取得できます。そのため学歴は「大学卒」になります。しかし通信制大学の方が、通学過程よりも低く見られることがあります。

その理由には一部の大学を除いて、書類を提出すれば誰でも入学できることや、通信制大学について知っている人が少ないことが背景にあります。

しかしどちらにしろ、大学卒業資格であることには変わりません。大学卒業資格が必要な場合には通信制大学卒業であっても通用します。例えば、専門学校を卒業している方でも、就職を希望する会社の募集要件に「大学卒」があるという理由で、通信制大学を利用して大学卒業資格を取得する人は大勢います。

 

1)~5)を見ると、通信制という特殊な勉強方法によるデメリットが多いことがわかります。

2.高校新卒は要注意!就職活動は入念な準備が必要!

また通学課程の場合には就職活動について、通学過程より不利な場合があります。

理由は大きく2つあります。

卒業時期の問題

情報不足の問題

 

・卒用時期の問題

先程も述べたように、通信制大学の卒業には時間がかかる場合があります。4月に入学をして、最短の4年間で卒業ができる場合には問題ありません。しかし単位が取れなかったなど、卒業が遅れてしまった場合には、就職活動のスケジュールに遅れが出る可能性があります。また就職先が決まったあとでも、卒業単位に足りなかった場合には、就職が出来ない場合もあります。

 

・情報不足の問題

先程も述べたとおり通信制大学の場合には、スクーリングが限られているため、大学が提供している就職情報を取得できていない場合があります。大学が近い場合には、空いている時間にキャリアセンターを利用することができますが、大学が遠い場合には、キャリアセンターの利用が限られてしまいます。

高校を卒業してすぐに通信制大学に進学する場合には、このような点を事前に把握し、就職活動については入念な準備が必要です。

ビジネス・ライフスタイル・ミーティング

3.「安く」「効率良く」「誰でも」学べるのがメリット!

これまでデメリットについて詳しく見てきましたが、通信制大学にはメリットもあります。私自身は、デメリットよりもメリットの方が大きいと考えているので、少しメリットについてもおさらいしておきたいと思います。

大きく分けて3つあると考えています。

 

1)学費が安い

一般的に通信制大学は通学過程(学部)に比べて、学費が安く設定されています。

 

例えば法政大学の学費は、

 

【通信制】

1年生:  120,000円+科目登録料・スクーリング費用など

2年生以降: 80,000円+科目登録料・スクーリング費用など

合計:972,000円(概算※)

 

HPを参考に124単位取得、スクーリング16回で概算

 

【通学過程】

1年生:  1,280,000

2年生以降:1,016,000

合計:4,328,000

 

HPを参考、法学部の場合、諸経費等は除く

 

概算ではありますが、4年間でこれほど金額差があります。

通学課程の大学は学費が高いですね・・・。

 

2)自分のペースで効率良く勉強ができる

試験やスクーリングなど、期間が決まっていることもありますが、基本的には自分のペースで勉強ができます。そのため時間に余裕がある時に勉強を進めて、余裕がない時には勉強を休むことも可能です。また大学によってはインターネットを活用した「メディア学習」の設備があります。

社会人の方は平日昼間は仕事をして、平日の夜間や土日に勉強をしている人が多いようです。

よく大学の夜間部と比較されることもありますが、夜間部よりも通学する必要が減る分、自分のペースで勉強したい人には、夜間よりも通信制の方が向いているでしょう。 

 

3)入学試験がなく、書類選考で入学ができる(一部大学を除く)

大学入学資格(高校卒業)を持っていれば一部の大学を除いて、書類選考のみの受験で合格することができます。入試のための勉強をする必要はなく、入学前であっても自分が勉強したいことに集中することが出来ます。

4.目的意識がある社会人に通信制大学はぴったりの学び方

いかがでしたでしょうか。

デメリットを確認してみると、人によってはデメリットにならないものもあったのではないでしょうか。ただ就職職活動を考えると、高校生から通信制大学を選ぶには苦労するでしょう。

社会人で働いているのであれば、転職の準備や資格取得のために通信制大学に進学するメリットは大きいと思います。ただし、ストレートに卒業することは難しいことも念頭にいれて、目的達成のためにモチベーションを崩さずに勉強することが重要です。

少しでもメリットが大きいと感じた人は、ぜひ通信制大学を検討してみてください!

\\通信制大学探しはコチラから//