英語の勉強をする子供たち

通信制大学で幼稚園教諭免許を取ろう!該当校一覧や費用目安を紹介

社会人から幼稚園教諭を目指したい

社会人になってから幼稚園教諭を目指す場合には、通信制大学に進学するという方法があります。
どの大学で幼稚園教諭の資格が取れるのでしょうか? また勉強からしばらく離れていた場合でも目指せるのでしょうか?
今回は幼稚園教諭になる方法や通信制大学で学ぶメリット、免許状を取れる通信制大学をご紹介します!

幼稚園教諭になる方法は?

幼稚園教諭になるには、幼稚園教諭免許状が必要です。免許状は国家資格で、3種類があります。

▼二種免許状

短期大学や文部科学省が定める専門学校・養成学校などで幼稚園教諭養成課程を受け、所定の課程を修了

▼一種免許状

四年制大学で幼稚園教諭養成課程を受け、所定の課程を修了

▼専修免許状

大学を卒業した人が大学院修士課程または専攻科で所定の単位を修得して卒業

通信制大学で学ぶメリット

1.学費が安い

通学制の場合は年間約100万円程度の費用がかかるのに対し、通信制大学は年間30~50万円程度の費用で学習することができます。
また通信制も通学制も卒業後に獲得できる資格に優劣はありません。

2.入学がしやすい

通信制大学は必要書類を揃えて出願をすることで入学ができます。そのため受験勉強から遠ざかっている社会人の方でも、幼稚園教諭になりたいという思いがあれば勉強を始めることができます。

3.自分のペースで学習出来る

スクーリング期間を除けば、自分のペースで学習を進める事ができます。そのため仕事をしながらでも、空いた時間を有効活用することができるのです。

ただし幼稚園での実習が必要になる場合には、まとまった日にちを休む必要があるかもしれません。入学前に確認しておきましょう。

英語の勉強をする子供たち

免許が取れる通信制大学一覧

最後に幼稚園教諭免許が取得できる通信制大学を一覧でご紹介します。大学選びの参考にしてくださいね!
(※2020年度の情報を参考にしています。学費は目安です。スクーリング費用等は含まれません。)

玉川大学

資格取得の学費目安(1年次入学):約90万円
特徴:教育分野に力を入れている大学。条件を満たせば、幼稚園2種免許状を1年で取得可能!

創価大学

資格取得の学費目安(1年次入学)約60万円
特徴リーズナブルな学費。幼稚園教員免許+小学校教員免許のW免許取得も可能。

星槎大学

資格取得の学費目安(1年次入学)約100万円
特徴教員免許だけでなく、特別支援教育に関する資格も充実。

東京未来大学

資格取得の学費目安(1年次入学)約100万円
特徴オンライン学習が充実。キャンパスアドバイザーによるサポートで、遠隔でも学生生活全般をフォロー。

明星大学

資格取得の学費目安(1年次入学)約130万円
特徴教育の明星。幼稚園以外にも教員免許が充実で、同時取得のカリキュラムもアリ

聖徳大学

資格取得の学費目安(1年次入学)約80万円
特徴幼児教育には定評がある大学。大学短大・専門学校を卒業の場合は、最短2年で幼稚園教諭1種免許・保育士資格の同時取得も可能!

大阪芸術大学

資格取得の学費目安(1年次入学)約120万円
特徴芸術教育学科で取得が可能。正科生1年次入学なら保育士資格の同時取得も可能。

日本女子大学

資格取得の学費目安(1年次入学)約65万円
特徴通信制唯一の家政学系大学。児童学科で発達や人間形成など多方面からの知識・技能を学ぶ。

東京福祉大学

資格取得の学費目安(1年次入学)約110万円
特徴社会福祉や医療、臨床心理など、子供に関わる隣接分野も専門的に学べる。

佛教大学

資格取得の学費目安(1年次入学)約110万円
特徴関西圏では歴史の長い通信制大学。3万人を超える卒業生を輩出!

神戸親和女子大学

資格取得の学費目安(1年次入学)約95万円
特徴スクーリングが充実。兵庫県周辺の方におすすめ!

姫路大学

資格取得の学費目安(1年次入学)約95万円
特徴未来に担う子供を育てる。 保育士養成コースなら、保育士資格と幼稚園教諭1種免許状の同時取得も可能。

環太平洋大学

資格取得の学費目安(1年次入学)約95万円
特徴実務経験豊富な指導陣と実学教育に重点を置くカリキュラム。教員採用二次試験対策も無料で実施。

吉備国際大学

資格取得の学費目安(1年次入学)約90万円
特徴保育士資格の同時取得も可能。中四国地域で最初の保育士、幼稚園教諭及び小学校教諭の資格が取得できる通信制大学。

この記事を書いた人

進路アドバイザー ナガサキ

なるには進学サイトにて進路相談を担当。
2017年10月よりLINEを通じた進路相談を開始し、2019年10月にはLINEの友だち登録数は2,000人を突破。
高校生から社会人、保護者まで、さまざまな人たちの相談に答え続けている。

進路アドバイザーナガサキに相談できるLINEはこちら