ミーティング

通信制大学で日本語教師を目指す!ポイントやおすすめ学校を紹介

社会人からでも日本語教師を目指したい!

外国人留学生など海外人材を受け入れることが多くなっている日本において、日本語を教えることが出来る「日本語教師」は、今後しばらく必要とされることでしょう。

その時代の流れを感じて「今からでも日本語教師を目指したい」という社会人の方は、通信制大学を検討してみてはいかがでしょうか!

そこで今回は、さまざまな社会人の進路相談にお答えしている進路アドバイザーのナガサキが、なぜ日本語教師を目指すうえで通信制大学がおススメなのか、日本語教師を目指せる通信制大学のご紹介をします!

そもそもどうやったら日本語教師になれるの?

実は日本語教師には、教員免許のような資格はありません。以前はあいまいな基準でしたが、2017年に国内の(留学生を受け入れることができる)日本語学校が満たなくてはいけない「日本語教育機関の告示基準」が改訂され、日本語教師の基準が明確になりました。

その基準は大きく以下の3つです。

・大学または大学院で日本語教育に関する教育課程を履修し、所定の単位を修得し卒業した者
・日本語教育能力検定に合格した者
・学士の学位を持ち、日本語教育に関する適当な研修を420単位時間以上受講し修了した者

ちなみにこの基準に当てはまっていいない場合でも、海外での日本語教師や、ボランティア等での日本語教員を行う場合は問題ないそうです!

ミーティング

なぜ通信制大学で目指すと良いのか

なぜ先述のように基準が厳格化されたのかを考えると、日本語教師という職が以前よりも高い能力が求められていることが考えられます。

特に知識だけではなくコミュニケーションを重視した基準になっていることが、通信講座の基準が「面接か同時双方向性確立しているメディア」による研修を「120単位時間以上」行うカリキュラムであることからもわかります。加えて国内の日本語教師に関する求人についても、大卒者を求める傾向にあるようです。

また海外の日本語教師になろうとした場合に、就労ビザを取得するために大学卒業以上が条件になる場合が多いです。このような理由から日本語教師を目指すうえで、大学卒業(学士)の資格を持っていると選択肢は広がるでしょう。

またすでに学士を持っているという人は、通信制大学への編入学を検討してみるのも良いかもしれません。例えば大学4年次への編入学であれば、最短で日本語教師になることも可能です。

おすすめの通信制大学は?

最後に、日本語教師を目指せるおすすめの通信制大学を一覧で紹介します!学校選びの参考にしてみてください!

創価大学:教員免許でも評価の高い大学。教育学部と文学部で日本語教師がとれる。教育学部は旧基準のカリキュラム、文学部は新基準カリキュラムになっている。

・東京福祉大学:学修フォローも充実。高い卒業率を誇ります!

・大手前大学:新基準も旧基準もどちらにも対応。4年次編入で最短卒業も可能。またeラーニングが充実!

気になった学校は資料請求をして、比べてみてくださいね!

A_600×200

(文:進路アドバイザー ナガサキ)
>>進路アドバイザーナガサキに質問した方はこちら