プログラマーになるには

プログラマーになるには

プログラマーになるには

プログラマーになるには、IT系の会社に就職するか、もしくは会社内に在中する専属のプログラマーになる方法があります。また、その他にも、フリーでプログラマーとして活躍されている方もいます。
プログラマーとは、プログラム言語を用いて、プログラムを構成し、システムやソフトウェアをつくる仕事です。最近では、Webの普及によって急速にその需要は増しています。WEB以外にも物流のシステムや金融システムなど、システムとよばれるようなありとあらゆるシステムがプログラマーによって作られています。
また、携帯電話やテレビなどの電化製品もまたプログラマー無しではつくれません。現在使用されているほとんどの電化製品には、プログラマーが関わっています。つまり、現在生活の基盤はプログラマーによってつくられているといっても過言ではないでしょう。現代社会の基盤を支えていくという気概をもって取り組めば、それだけやりがいも大きく感じられるでしょう。
プログラムを組む際には、プログラム言語を使用します。プログラム言語はさまざま種類があり、C言語といわれるものや、WEBで使用される言語としてはJava、PHP、Perlなどがあります。
プログラマーはこれらの言語を駆使して、システムを作りあげていきます。
プログラマーになるには、資格は必要ありません。なによりも実際にプログラムを組んで、システムを作れることが大切です。独学でも勉強することはできますが、IT企業にコネクションもあり、プログラムを基礎から応用まで学べる専門学校へ入学するのが、プログラマーになる近道です。
プログラマーになるには

仕事内容

一般的には、システムエンジニア(SE)がシステムの仕様書を作成し、それに基づいてプログラマーがプログラムを作り上げていきます。
システムエンジニア(SE)がシステムの大枠を作成します。簡単に言えば、大枠を作る、設計図を作るのがシステムエンジニアであり、実際にプログラムを組んでいくのがプログラマーになります。業界や会社によっては、システムエンジニアとプログラマーの境は曖昧になる場合があり、プログラマーが設計からすべて行うこともあります。
今はインターネットが普及し、パソコンを使うのが当たり前になっているので、様々なシステムやサービスをWEBシステムとして開発する仕事が増えています。そのため、プログラマーの需要は急速に増えています。

資格・試験

プログラマーになるために、とくに資格は必要ありません。IT企業に就職する際には、資格も大切ですが、プログラマーになるにはなにより実績が大切になります。よってある意味では未経験から転職するのは難しい職種になるかと思います。その場合は、プログラマーの専門学校やスクールなどで知識と技術を身に付けてからの就職が有利です。
新卒であれば、IT系の専門学校を卒業していれば就職には強くなります。IT系の専門学校では、時間を掛けてプログラミングを基礎から学ぶことが可能です。実際に企業やフリーのプログラマーとしてプログラミングをしてきた講師に教えてもらうことができますので、実際に使える知識と技術を得ることが出来ます。
また、専門学校ではIT系企業にコネクションがあることも多いので、就職には強い味方になります。プログラミングは、独学で習得するよりは、専門学校やスクールで学ぶことが近道になるので、プログラマーになりたいと真剣に就職を考えているのであれば、学校へ通うことをオススメします。

プログラマーになるための専門学校

 ・総合学園ヒューマンアカデミー ゲームカレッジ
ゲームプログラマーを養成する専門学校

・東京IT会計専門学校
Webプログラマーを養成。アクティブラーニングの最先端「ゼミ学習」

・宇都宮メディア・アーツ専門学校
デザインの総合専門学校。Webデザイナー、プログラマーへの就職。

・専門学校東京テクニカルカレッジ
ゲームプログラミング科ではゲームプログラマーになるための実践的スキルが身に付く。

・日本電子専門学校
卒業生11万人以上。情報処理、Web、ネットワークなど総合的にプログラマーになるための知識を身に付けることが可能。

・東京ゲームデザイナー学院
創立23年、4000名をゲーム・アニメ業界に送り出している専門学校。ゲームプログラマーとして大手ゲームメーカーへの就職も!

・専門学校東京ネットウエイブ
企業とともにアプリ開発など行い、ゲームプログラマーとして活躍している先輩も多数

・駿台電子情報&ビジネス専門学校
システムエンジニアやプログラマー、Webプログラマーなどコンピュータ技術のプロフェッショナルを輩出

banner2