SHIO151020084797_TP_V

通信制高校に編入するには?

編入とは

 みなさんは編入という言葉を既にご存知かと思いますが、ここで改めて編入の言葉の意味をご案内します。
 「編入」とは、高校を中退した後などに、「改めて別の高校に入ること」です。以前の高校で取得している単位が、次の学校でも卒業要件を満たすために利用できる場合が一般的です。ただし、前の高校を中退した時の学年は修了していないので、改めてその学年からやり直すことになります(高校1年生の段階で中退し、学年制の高校を志望する場合は、通常の入学試験を再受験する形をとります。その場合は「再受験」と呼ばれます)。高校を途中でかわるには主に3つの方法があるのですが、編入はそのうちの一つにあたります。もう一つが再受験です。
 最後の一つは、転入(転入学とも言う)です。「転入」は、「現在在籍している高校から別の学校に入り直すこと」です。一般的にはよく転校と呼ばれています。以前の高校で取得している単位や、記録されている出席日数を加味して2年、3年次から別の学校に転入できるケースがあります。
 今回のテーマは「通信制高校の編入」なので、編入についてもう少し掘り下げてご紹介いたします。
 
fb133f3428f4f8053e4e116bacbdcab3_m
 

編入の方法

 編入をするには一般的に、大きく下記のステップを踏みます。
1、編入を受け入れている学校を探す。
2、編入試験に合格する。必要書類を提出する。
3、実際に編入する。

 このステップは、通信制高校への編入の場合も例外ではありません。それでは、通信制高校に編入する方法をステップごとに見てみましょう。
1、編入を受け入れている学校を探す。
 まずは編入を受けて入れている通信制高校を探しましょう。全日制の高校に比べて多くの通信制高校が編入を受け入れています。編入のハードルも、全日制の高校に比べて低いと言えます。そのため、編入を受けて入れている通信制高校は比較的簡単に見つけられるでしょう。是非、色々見て気になる通信制高校をピックアップしてみてください。
 次に、学校によって異なる編入受け入れ時期を調べましょう。通信制高校への編入時期は、カリキュラムの都合によって決まっている場合もあれば、随時受入れをしている場合もあります。通信制高校は単位制の学校が多いので、編入に対しても柔軟に対応できる学校が多いようです。ただ、編入可能な時期は随時変わる可能性があるので、正式な編入可能時期は詳細含め直接学校に問い合わせることが安心です。
 同時に、実際に編入を希望するかどうか決めるためにも、実際に保護者と生徒双方で直接学校を訪れて直接話を聞いてみるのもおすすめです。
2、編入試験に合格する。必要書類を提出する。
 編入を希望する学校が決まったら、実際に編入できるよう手続等を進めましょう。編入試験にパスする必要がある学校もあります。編入試験の内容は「面接や筆記試験、作文」など、分類としては、入学試験と大きくは変わりません(面接のみの場合が多いです)。一方、よくイメージされる入学試験と違って、入学者を選抜するというよりは、編入希望者の現在の状況を把握するため、という意味合いが強いようです。
 面接を受ける際には、「次の学校で何をしたいのか」など明確な目的・目標を持って伝えられる様にしておけば、より良いでしょう。
 編入するにあたっての必要書類ですが、何が必要かは直接学校に聞いておきましょう。必要書類は基本的に以前在籍していた高校でもらうことができます。必要書類には、例えば下記のようなものがあります。
・成績証明書
・単位修得証明書
※または、いずれか一方。
 是非、編入したい高校が決まったら事前にしっかりと何が必要か押さえておきましょう。

どういうときに編入すべきか

 小学校、中学校の場合は、親の転勤による引っ越しなどの転校がみなさんの周りでも多かったのではないでしょうか。もちろん高校の場合でも引っ越しなどの理由で転入や編入することはありますが、どちらかというと違う理由で転入や編入をする方が多いようです。
 例えば、
・将来のために本格的に学びたい、取り組みたいことがあるから。
・今通っている高校が合わないから。
・一度は高校を中退したが、やはり高校卒業資格は必要だと考えなおしたから。
などです。

 将来のためにも、現状に疑問がある方にとって編入は良い選択肢の一つになるかもしれません。

編入するなら!

 別の学校に編入するとなると、心の準備を含めた事前準備も大切になってくるでしょう。実際に編入を考えている方の中には、今度こそ自分に合った学校に入りたいと思っている方も多いのではないでしょうか。次こそ最適な学校に入学する為にも、是非様々な学校を見てみて下さい!
▼▼
【全国の通信制高校を探せる!資料を請求できる!なるには進学サイト】
http://naruniha.com/school/school_type/sc52/bunya/ge512

※こちらのサイトでは学校の種類や都道府県別に通信制高校の情報を確認することが出来ます。気になる学校が見つかったら、資料・パンフレットの請求も、基本的に無料で簡単にすることができます。是非、お気軽にご活用ください!
banner2