声優

歌手になるには

なるには

歌手になる為には「運」と「実力」の両方を兼ね備える必要があります。
「運」の部分はどうすることもできませんが、実力の部分は努力次第で身につけることができます。
歌手としての実力を身に付けるためにはやはり、専門学校やスクールに通うのがベストでしょう。
学校の主な種類としては、音楽関係の専門学校、高等専修学校、ミュージックスクール、音楽大学などがあります。
歌手デビューするには、実力、センス、人脈、そして「運」に恵まれれば、独学でも可能性はあります。
しかし、現実はそう甘くありません。歌手になりたいという人は世の中に沢山います。やはり、人よりも優れた歌唱力やセンスがなければ、なかなか難しいです。
多くの歌手志望の人は、音楽関連の学校やスクールに通って基礎を身に付けています。
また、音楽の学校やスクールを出たからといって、すべての人が歌手になれるわけではありません。
しかし、学校に行くことには多くのメリットがあります。
その一つは、すでにプロとして活動している人と触れ合うチャンスを得られることです。
学校によっては、第一線で活躍中の人気歌手が講師として招かれることもあり、プロの心構えや苦労、プロを目指す上で気をつけなければならないことなどを、直接教えることがあります。
学校やスクールに通う以外では、通信講座を利用したり、個人で講師をしている先生を見つけ、アドバイスや指導を受けるという方法もあります。
そのほか、芸能プロダクションが主催するボーカルオーディションなどを受け、系列の養成所へ入学するという方法もあります。

 

a0002_001837

仕事内容

歌手の仕事は、もちろん歌を歌うことですが、ただ、「歌を歌う」だけが仕事ではありません。
なんとかデビューしたものの、事務所の雑用係や先輩歌手の付き人のような下積み生活を送っている人は多々います。
また、デビューした歌手は、ボイストレーニングや、ダンス練習や体力作りを日課としています。
そして、歌手本人が作詞作曲を手がけるのであれば、毎日の生活の中に作詞作曲の時間が加わります。
仕事でレコーディング作業が始まると、一日中作業をすることとなります。
レコーディング中はプロデューサーなどの制作スタッフに歌い直しを要求されることもよくあります。
長い場合だと、レコーディング作業は数週間から一ヶ月以上続くこともあります。
ここでちょっと夢のある話をすると、ヒット曲に恵まれて有名になった歌手の収入は大幅に増加します。
また、曲が売れて有名になると、歌手の1日は大きく変わります。テレビや雑誌インタビューの予定が分刻みで入る忙しい毎日を送りますが、
人気が落ち着いてある程度大御所になった歌手の場合は、お金も時間も自由に使えるようになります。
イベントやコンサート、レコーディングなどの予定はあったとしても、毎日の生活は比較的ゆとりがあり、自分のやりたいことを追求する時間が持てるようになります。

 

資格・試験

歌手になるための資格なんてものはありません。
歌手に必要なのは、人を惹き付ける歌唱力と表現力です。
歌手を目指す人はごまんといます。
多くのライバルから勝ち抜いていくために、技術向上は絶対に必要なこととなります。
発声方法や歌の抑揚の付け方などを学ぶためには、音楽専門学校に通ったり、ボーカルレッスンを受けるのがベストでしょう。
冒頭で「運」はどうすることも出来ないと書きましたが、地道な努力が「運」を引き寄せることもあるのです。

 

 

banner2