PAK86_kakuteishinkokusuru20140312_TP_V

行政書士の資格を通信制大学で取得する!

行政書士の仕事って?

役所に届け出をする義務のある書類を、会社や個人に代わって作成・提出します。建設工事会社が工事を行うときに必要な建築許可、海外の方が日本の学校に通ったり日本で仕事をする際に必要なビザ(国際業務)の申請、この他にも自動車関連、会社設立、医療品製造、NPO法人設立、相続、特許申請、飲食店営業などなど、およそ7,000種類を超える法律書類を独占業務として手掛けることのできる、法律のエキスパート、それが行政書士です!

行政書士として働く魅力と将来性は?

通常、「建築許可」と「飲食店開業申請」と「相続」といったように、行政書士は専門分野にしぼって仕事をします。なぜなら、サポートできる分野があまりに広範囲になるため、行政書士は専門分野を絞り込んで個性、こだわりをハッキリさせることが、独立開業が成功する秘訣と言われています。
また、行政書士として開業するときは、同時に司法書士や土地家屋調査士、税理士などの資格を合わせて取得する方も多く、開業後の仕事が有利に進めることができます。

また、「相続」関連業務をはじめ、「産業廃棄物」や「外国人関連業務」などが、今まさに旬な分野の業務と言われています。少子高齢化問題、環境問題、労働市場国際化など、行政書士の仕事は、世の中の変化と常に密接に関係していて、社会情勢、世の中の変化に敏感で柔軟に対応できる方なら、行政書士には常に新しいビジネスチャンスがあります。

PPH_bisinessnote_TP_V通信制大学を利用して、行政書士の資格をスムーズに利用しよう!

社会情勢の変化に応じて業務が変化する行政書士、社会人として人気が出てきていますが、資格取得のやめの勉強と仕事との両立を考えると、ちょっと躊躇(ちゅうちょ)してしまいますよね。そこで通信制大学の出番です!通信制大学の在宅講座で無理せず無駄なく、自分のペースに合わせて勉強すれば、今の仕事+行政書士としての専門知識で仕事の幅も今以上に広がります。まずは各通信性大学の資料を取り寄せてみて、ご自身が考える様々な条件に見合った通信制大学を見つけることから始めましょう!

通信制大学は、学費が安く働きながら勉強ができる!

通信制大学なら基本的に家での勉強になるので、働きながら大学に行くことはできない社会人や、子育てが忙しくて大学に行けない主婦の方でも、本人のヤル気次第で卒業することもできます。さらに、信制大学は、通学制の大学よりも学費が安いです。各通信制大学によって異なるので確認が必要ですが、少し頑張ってお金を貯めれば学費を準備できる額です。早速、各通信制大学の資料を集めてみてはいかがでしょうか?