お茶の水はりきゅう専門学校

技と心を併せ持つ、未来の鍼灸師へ。

インタビュー

舘林 周平(昼間部2年生  はり師きゅう師学科)
陸上競技をやってきて、けがをした時に治療院で怪我が良くなり、色々な病気の治療にも 貢献できるので、鍼灸師に興味を持ちました。
授業時間帯が午後からと通学しやすく、説明会に参加し学校の雰囲気も自分に合っていたので入学を決めました。
解剖学では人体の構成について学んでいます。骨や筋肉について様々なことを覚えなければならないので苦労しています。生理学では神経などの働きについて楽しく学んでいます。
特にツボを覚えることを頑張っています。ツボは約360種類あるので、一つひとつ覚えるのはとても大変です。
はり実技の時に人の体を触って、身体のつくりが理解できた時は学んだ甲斐があると痛感します。解剖学、生理学、東洋医学の科目など、とにかく覚えることの量が多く大変苦労しています。
治療院での経験を積み、将来は独立開業し、患者様の苦痛を取り除いてあげたいです。
お茶の水はりきゅう専門学校 インタビュー1

山田 小枝子(夜間部2年生  はり師きゅう師学科)
エステやリラクゼーションの業界で仕事をしていく中で、お客様の悩みを更に改善できる施術者になりたいと思い、鍼灸師を目指しました。
美容鍼灸の技術を身につけたいと思い、本校に入学をしました。
西洋医学と東洋医学の両方の観点から、身体のしくみなどを学んでいます。実技では鍼灸の基礎を学んでいますがとても難しいです。
クラスで仲間たちと助け合って、知識習得と技術の向上に頑張っております。
覚える知識量が多く大変ですが、クラスの仲間から学ぶ点もたくさんあって、とても楽しいです。
将来は美と健康にかかわれる仕事をやってみたいと思います。具体的には、これから学びながら考えたいと思います。
お茶の水はりきゅう専門学校 インタビュー2

アクセス

学校名
お茶の水はりきゅう専門学校
住所
〒113-0034
東京都文京区湯島1-3-6
電話番号
0120-554-515 (フリーダイヤル)
最寄り駅
JR中央・総武線、東京メトロ丸ノ内線「御茶ノ水駅」より徒歩3分
東京メトロ千代田線「新御茶ノ水駅」より徒歩3分

いますぐ お茶の水はりきゅう専門学校 の資料を手に入れよう!

お茶の水はりきゅう専門学校から資料が届きます。
お茶の水はりきゅう専門学校の就職情報やオープンキャンパス、試験・学費・奨学金のことが分かるパンフレットです。