PAK88_syouhizei10820140304_TP_V

専門学校の進学費用をしっかりチェックしよう!

1年間と入学時にかかるお金を要チェック

専門学校進学をお考えの皆さん、専門学校の進学費用についてどの程度ご存知でしょうか?ここでは、専門学校の進学費用について考えてみましょう。

まずは選考料ですが、1〜30,000円が一般的なので、一校あたり約20,000円がひとつの目安となります。また、今のうちから入学前にかかる費用も考えておきましょう。検定料は一般入試で約2~3万円、推薦入試で約1万5000円程度を設定している専門学校が大半です。一校一校だとたいした金額ではないと思いがちですが、これが複数の学校を同時に併願するとなると大金になってしまいます。自宅から遠方の場合だとさらに受験会場までの交通費や宿泊代、また進学後に一人暮らしを始める場合は家賃・光熱費も必要になります。これらを足すと結構大きな金額になってしまいます。

入学後に必要なお金について

各専門学校に入学し専門の学科を専攻していく上で、各分野ごとに必要な経費が発生します。年間の学費のみについ注目しがちですが、入学前に発生する手続きに関する金額にも注意。各専門学校を受験し、幸い合格してから学費の振込まで期間はそれほど長くないことが多いので、合格後にあわてないよう前もって必要な資金の額をしっかり把握しておくことが大切です。

さらに専門学校で学び続けるには、学費のほかに諸経費も必要となってきます。専門分野によって異なりますが、実習がメインの学科では、実習に必要な費用やその材料費が別途必要となってくることもあり、油断は禁物。調理士専門学校なら包丁セット、理美容専門学校ならハサミ一式など、プロ仕様の各道具が必要となってくることを考えると、やはり油断はできません。

また、各種専門学校に通学する際に家から通うのか、一人暮らしをする自分の部屋から通学するのか、その選択肢でによっては通学費も検討しておかなくてはなりません。まずは通学したときのシミュレーションを入学前に確認しておくことが大切ですね。

PAK85_laladentakuOL20140321_TP_V「 納める時期」に注意が必要な初年度納入金

意外に盲点なのが「納める時期」に注意すべき初年度納入金。その理由は、初年度納入金は合格発表以降に何段階か回数を経ての納入を求められるからです。専門学校のほとんどが合格発表から数日間と、間もない期間で入学金を納入することを求め、さらに決まった期限までに残りの学費の納入を求められることが多いためです。

このことを知っておかないと、合格後、費用を準備できずにせっかく勝ち取った入学資格を失ってしまう恐れがあります。資料請求時、また学校説明会で各専門学校の担当者に学費納入方法や時期を事前に確認しておくことが大切です。

卒業までいくらかかるのか?を知っておく

初年度納入金の納付で安心してはいけません。初年度納入金に加えて卒業まで年数分ほどのお金が必要になりますので、卒業までの総額もしっかり確認して、卒業までの長期に渡る期間、しっかりと学費を準備しなければいけません。

また、各種専門学校では、都道府県や市町村、さらに各団体や各専門学校独自の奨学金制度があります。進学する専門学校の担当者に確認して、奨学金についても認識を深めておく必要があるかもしれませんね。