大阪保健医療大学

革新性と連携力で時代をリードする、医療人を育成。

区分
大学
所在地
大阪 
分野
医療・健康・スポーツ

インタビュー

近藤 楓さん(保健医療学部/リハビリテーション学科/理学療法学専攻)
私は高校1年と2年の時に膝の靭帯を怪我しました。当時、バレーボールに熱中していた私にとって長期のギプス生活とリハビリは焦りと悔しさしかなく、かなり落ち込みました。理学療法士という存在を知ったのはこのときです。「最後の大会には復帰して試合に出たい」という私の希望を叶えてくれた理学療法士の方には感謝してもしきれません。と同時に、次は私がリハビリを必要とする人の力になりたいと思い理学療法士を目指しました。当時は他の夢があり、医療関係の仕事など全く考えていなかった私が気付けばこの道を進んでいます。高校生のときは理学療法士と患者という関係でしたが、次は同じセラピストとして、あの理学療法士の方に会うことが目標です。

本学を選んだ理由
本学の入学の決め手になったのはオープンキャンパスでの学生や教員の和気藹々とした雰囲気でした。唯一、実際に自分が通っているイメージが湧いた大学でありアットホームな雰囲気に惹かれ入学を決めました。

どんなPTになりたい
スポーツ復帰を目指す人のリハビリがしたいと思い入学しましたが、今は脳卒中や脊髄損傷などの中枢神経系と言われる分野で働きたいと思っています。私が関わったことで患者さんにとって何かプラスになり、笑顔になってもらえるような理学療法士になりたいです。そして自分がそうだったように目標にしてもらえるような人になりたいです。

今頑張っていること
今は医療系の番組を積極的に見ることを頑張っています。バラエティ、ドラマ、ドキュメンタリーなどは一般の方でも理解できるよう分かりやすい表現や説明がされているので授業で分からなかったことを復習できたり、新たな知識を増やすことができてとてもためになります。またドラマなどは自分のモチベーションも上がるので最高です。このように普段とは違う勉強方法として活用し、頑張っています。

後輩へのメッセージ
私が一番伝えたいことは自分の意志で大学や進路を決めてほしいということです。日々の時間割や課題、定期試験に臨床実習と専門分野であるだけに決して楽な毎日ではありません。深く学んでいくにつれて楽しさやおもしろさを実感すると共にその難しさも感じます。でも、充実した毎日だと感じれるのは自分の中に、理学療法士になりたいという思いが一番にあること、そして周りに一緒に頑張れる仲間がいることだと思います。自分で決めたことなら少しぐらい大変でも乗り越えることができます。それ以上に、楽しいと思わせてくれる周りの仲間や先輩、先生たちがいます。もし、セラピストを目指される人がいたら、一緒に頑張りましょう!
大阪保健医療大学 インタビュー1

アクセス

学校名
大阪保健医療大学
住所
〒530-0043
大阪府大阪市北区天満1-9-27【天満橋キャンパス】
電話番号
0120-581-834
最寄り駅
京阪本線「天満橋駅」より徒歩8分
地下鉄谷町線「天満橋駅」より徒歩8分
JR 東西線「大阪天満宮駅」より徒歩10分
地下鉄谷町線「南森町駅」より徒歩10分
他拠点
【彩都キャンパス】
住所
〒567-0085
大阪府茨木市彩都あさぎ7丁目3番16号

最寄り駅
国際文化公園都市モノレール「彩都西駅」より徒歩5分