東放学園映画専門学校

映画・PV・アニメ・ラノベなど、プロの現場で通用するクリエイターを育成

インタビュー

堤 幸彦さん(1978年度卒)
ミュージックビデオの演出で培った映像美と、テレビディレクター時代に叩き込まれた鋭い感性、そしてロック世代の反骨精神を武器にして、数多くの傑作を送り出してきた映画監督・堤幸彦さん。最新作は『天空の蜂』。VFX満載の“堤流ハリウッド映画”だ。「映画らしいエンターテインメント性と、原発・防衛産業という、映画的でない社会性のあるテーマ。水と油のようなことをきちんと描けたのは自分にとって大きかったですね」東放学園で恩師と出会い、映像の面白さに開眼させられた体験は“ 絶対的なものだった”と堤さん。次世代の映画作りを担う後輩たちの活躍にも、大きな期待を寄せている。「誰もが映像をつくれる時代だけど、プロの映画業界は圧倒的な人手不足。学生時代には撮影・編集などの基本を身に付けるとともに、自分なりの映像ポリシーを持ち続けて、このチャンスをものにしてください」
東放学園映画専門学校 インタビュー1

アクセス

学校名
東放学園映画専門学校
住所
〒160-0023
東京都新宿区西新宿5-25-8
電話番号
0120-343-261
最寄り駅
都営地下鉄大江戸線「新宿五丁目駅」よりA1出口ヨコ