東京バイオテクノロジー専門学校

「実験を仕事にする」なら東京バイオ

インタビュー

金井 誠也さん(国立成育医療研究センター研究所)
産科や小児科、女性医療などを推進する国立成育医療研究所に勤務しています。
現在は受精のメカニズムの解明がテーマの研究部で、遺伝子組み換えをしたマウスの系統維持・管理を担当しています。
マウスには通常の遺伝型と表現型(フェノタイプ)があり、遺伝子を組み替えることで太りやすかったり、精子が作れなくなるようなフェノタイプが現れると実験に手応えアリです。
最近では既に論文が発表されている、精子を作れないノックアウトマウス(ユビキチンを人工的に欠如させた個体)を初めて観察した時には「本当に精子が無いんだ!」と驚きました。
こうした精子や卵に関する実験で不妊治療につながる研究に携われるのは嬉しいです。
実験を通して「データを出すこと」が私の仕事ですので、プロの技術者としてキレ味のあるデータを出していきたいです。
その結果、不妊治療の患者様たちのお役に立てれば一番うれしいですね。そしていつか研究所の先生方のノーベル賞受賞などを影から支えられたら最高ですよね。
東京バイオテクノロジー専門学校 インタビュー1

アクセス

学校名
東京バイオテクノロジー専門学校
住所
〒144-0032
東京都大田区北糀谷1-3-14
電話番号
03-3745-5000
最寄り駅
京急本線「梅屋敷駅」より徒歩10分