専門学校と大学の違いや選び方について

20151026hennyu

大学と専門学校の違い

高校卒業後、大学か専門学校のどちらに入学するかは将来を決める上でとても大切なこととなります。今は高校生という方も、すぐに進学を決めなければならなくなるため、今のうちからそれぞれの違いを把握しておくことが重要です。ここでは具体的に大学と専門学校の違いについて紹介します。まずは大学ですが、日本は学歴社会とも言われており、その中で大学を卒業するということは一定のステータスになります。実際に大卒しか募集をしていない求人もありますし、企業によっては大学名を重視して人材を集めるところも少なくありません。また、大卒として就職をした場合、専門学校や短大に比べると初任給が高い傾向にあるのが特徴的です。入社後の昇格スピードにも差が出ることがあり、出世をしたり、給料を上げるうえで有利となります。大学の場合は、専門学校や短大とは違い、4年間と長い期間じっくりと勉強することができます。余裕がありますし、将来に向けての知識をゆっくりと学ぶことができます。社会人としての必要な基礎知識は在学中に学ぶことができるでしょう。しかし、幅広い講義を受けることになるので、万が一就きたい職業があったとしても、それに関係のない講義の勉強もしなければ卒業をすることができないので注意しましょう。その他にも、大学は入学金や授業料などがあり、4年間という長い期間なので、支払う学費の総額も大きくなることが特徴的です。奨学金制度を利用する学生も多く、将来的に返済をしなければならないなど、学生のうちから負担を抱える人たちも少なくありません。
続いて専門学校の特徴ですが、ここでは主に実習的な内容を学ぶことが多く、自分が希望する職業の技術や知識を中心的に学ぶことができます。実践的な教育を受けることができますし、関係のない講義は受ける必要がないので勉強したいことだけを学べます。専門学校は専門的な知識を集中して学ぶので、企業からも信頼が高く、実際に専門学校にしか求人を出していない企業も少なくありません。専門的な道で、就職も考えているなら専門学校の方が有利となるでしょう。また、専門学校では業務に関係する資格を取得する必要があり、資格を取得した人しかできない職業に就けるため、将来的にも安定しています。その他にも、専門学校は夜間の部を設けている学校もあるので、働きながら学ぶことも可能です。このように、違いについて紹介しましたが、それぞれメリットやデメリットなどがあり、将来に繋がる大切なこととなるので、慎重に考えて納得できる道を選びましょう。

大学選びのポイントについて

これから大学へ進路を進めたいと思っている方は、日本の中でも数多くある中から1つの学校を選ぶ必要があります。特に学生は迷うかと思いますが、具体的に学校選びのポイントについてご紹介します。1つ目は職業と学問の繋がりを理解することです。例えば、将来医者になりたいと思っているなら、医学部に進まなければ意味がありません。特に将来やりたいことが決まっている方は、それに繋がる学部のある大学を選ぶ必要があります。
また2つ目は難易度や偏差値を事前に調べておきましょう。大学は偏差値が低いところもあればとても高いところもあります。子供の能力を見て無理だと諦める保護者も多いですが、高校を卒業するまでには3年あり、そのうち学べる期間は2年半ほどあります。1年生のうちからしっかりと学べば、偏差値も上がり、希望の学校に行ける可能性もあります。まずは一生懸命勉強をし、2年生くらいから難易度や偏差値を見て具体的にどの学校を受験するのかを考えるといいでしょう。3つ目は大学にかかるお金です。学校や学部によってかかる学費は異なります。また、通いたい学校が進学圏内にない場合は一人暮らしのための生活費も必要です。事前にお金のことも考えて選ぶようにしましょう。

専門学校選びのポイント

専門学校も大学と同じように全国各地に存在しています。どこに通うかで将来が決まることもあるので、慎重に考えなければなりません。選ぶポイントですが、1つ目はカリキュラムの内容をチェックしましょう。学校によってカリキュラムは異なり、中には実習が多い学校もあれば、座学の多い学校もあります。自分に合ったカリキュラムでないと飽きてしまう可能性もあるので、事前にパンフレットや学校見学などをしてチェックしましょう。
また、施設や設備などが十分にそろっているかどうかの確認もしましょう。設備や施設に不便を感じ、満足できる勉強や実習ができないと、他の学校の生徒と比べて技術面で差が出ることもあります。学校によって設備や施設環境は異なるため、ここもチェックしておきたい部分です。そして、就職指導がしっかりしているかもチェックしましょう。専門学校で専門的知識が学べても、就職できなければ意味がありません。どんな求人が毎年届くのか、どこに就職した実績があるのかも確認しておくと安心です。